冒険の後はブラックバロウスタウト片手に船旅。

酩酊して船から落ちたっけ…こんばんは、八十島です。当ブログは、新旧様々な北米開発系MMOを紹介しながら、いつの日か EverQuest Next についての記事が書けたらいいなぁ…という想いで運営してるんだけど、その日は来るのかなぁ…

blackburrow-elite

まずは「EQ懐古主義」と題して、あらためて1作目のエバークエストをプレイしながら、徐々に気分を盛り上げていきたいと思います。第1回は、ケイノスやハラス出身者の登竜門「ブラックバロウ」からいってみましょい。

あらためてプレイしてみると、このゾーンは初心者が最初に挑む本格的なダンジョンとして秀逸だなぁと感心させられます。

落下してパーティからはぐれたり、敵を逃がしたりするとどんなことになるか…みたいな怖さとか、今後、自分の職業に求められる立ち回り方を覚える楽しさとか、バランスよく味わえるなぁ…と。ヒーラーに跳ねた敵を1匹づつ引き剥がして root で華麗にキープしてみせるレンジャーとかいると「スゲー!w」って楽しくなったよね。

blackburrow-top

八十島がプレイしていたのは十年以上も前なんだけど、当時は、変な時間にログインしても、ブラックバロウに行きさえすれば、ほぼパーティに参加できるってぐらい人気だったんです。キャンプチェックしてみると、「エリートルーム」とか、「スネークピット」とかバンバン返ってきて…

それどこよ?

…みたいなね。

blackburrow-pit

今回のプレイは 2016年1月 なので、それこそ新しい拡張パックのゾーンに行けば、豊富なクエストで当時じゃ考えられない装備をガンガン入手できて、レベルもサクサク上がるんでしょうけど…

今後もアントニカ大陸中心に、せいぜいクナーク、ベリオスあたりをウロウロしてみようと思います。次回は、現役時代にはほとんど行く機会のなかった「ビフォーレン」に行ってみようっと。

八十島なおや

⇒ 第2回 恐怖の落とし穴、その先に待つ本当の「恐怖」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA